【熱帯魚】ネオンテトラSM 100匹セット《テトラ》...

このページは【熱帯魚】ネオンテトラSM 100匹セット《テトラ》...の記事を掲載しています。
トップsitemap
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【熱帯魚】ネオンテトラSM 100匹セット《テトラ》

価格:2415 円

販売店:総合ペット ディスカス

■ 商品の詳細 ■

【商品価格・掲載情報について】

ネオンテトラSM 100匹セット主にアマゾン川流域に分布する。成魚の体長は約3センチメートルで、頭部から尾びれの付け根近くにかけて鮮やかな青のラインが入り、その下の腹ビレから尾びれの付け根にかけて赤のラインが入る。観賞魚として古くから人気の高い品種で、小型であることから比較的容量の小さい水槽でも群泳させやすく、その群泳させた時の美しさは他の種を寄せ付けない魅力を持ち、エンゼルフィッシュやグッピーと並び淡水アクアリウムの代表的な存在の一つとなっている。 カージナルテトラ(上)とネオンテトラ(下)名前の由来となっているネオンサインを髣髴とさせる光沢だが、基本的に発光器官(→生物発光)を備える訳ではなく、所定の色素を含んだ光の反射層があることに由来する。なお近隣種のカージナルテトラでは、ややカージナルのほうが大型(1センチメートルほど大きい)であるほか、腹側の赤色の帯が鰓後方まで伸びていることで区別される。性格も穏和で他魚と共存し易い、さらには人工飼料でも問題なく成長するため飼育し易いことから、淡水熱帯魚の入門種とされるが、繁殖の難易度は高く、容易ではない。ただ後述するように20世紀末より現在では香港を中心にアジア方面で商業的養殖が行われており、熱帯魚としてもかなり入手しやすいものとなっている。生命力は安定している種で、故郷アマゾン川の水に近い弱酸性の軟水が最適で発色具合も良好と成るが、中性(pH7→水素イオン指数)まで対応する。ただ小型魚であるため急激な環境の変化に弱く恒常性の維持が必要で、幾ら丈夫とはいえ水質が合わない水槽にいきなり入れたり一度に大量の水を入れ替えるとpHショックを起こして数日で数十匹単位で全滅することもある。このため、ネオンテトラの導入や水の入れ替えに際しては水質を調整剤等で調整しておくか、時間をかけて元いた水と混ぜながら馴染ませる必要がある。具体的には、一般的にpH6.5~7.0未満の水質がネオンテトラにとって最適と言われ、ネオンテトラを対象とした市販の水質調整薬も概ねこの範囲内に調整する製品が多い。また、25度弱の水温を好み、あまり水温が高すぎると寿命に支障が出てくる。※死着の場合は必ず写真を添付して当日中にご連絡下さい。翌日以降の連絡の場合は死着保証対象外になります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。